サバイバル能力を高めなくてはいけない。

僕たちは、地球上のサバイバルのルールで生きているんです。僕たちは弱いサバンナの鹿です。

歩けなくなった、鹿は、虎にたべられてしまう運命です。

地球上の動物の世界のルールでは、万が一、歩けなくなった、走れなくなったら、責任は、100%、自分の責任になる。

食べられて死んじゃうわけですよね。だれかが、かわりに、人生を保証してくれたりしません。

僕達の人間の社会のルール

僕達の人間の社会のルールは、表向きはどうなってる?

医療制度があり、体に不調をきたしたら、国が手厚く保護してくれることになってる。

医師がいて、専門の教育をうけており、的確な治療をしてくれる・・・ことになっている。

経済的な側面でみたら、生活保護とか年金とか、いろいろな保障もあり、国が国民を守ってくれるかのような、装いにはなってる。

でも、それは、人間界の、表向きを綺麗に見せるだけのルール。

一皮むいた人間界のルール

一皮むけば、人間の住んでる世界だって、本質的には、動物の世界とかわらないサバイバルな地球のルールになっている。

途上国ではとくに、そうだけど、日本だって、本質は、サバイバルルールです。

結局は、ひとつひとつのいきもの=人間の個人が、頭を働かせて、知恵を働かせて、必死に生き延びなくてはいけない世界です。

ルールを理解できてないと

その地球ルールを理解できないとどうなるか?

医者が体を治してくれる人、国が経済をまもってくれる仕組み、みたいに、単純に信じると

体の不調に悩んでる人は、医者がわるい。あの治療家がわるい。

お金に困窮してる人は、政治家がわるい。役所がわるい。年金がわるい。

って、ひとのせいにしてイライラすることになっちゃいますよね。

誰も、私の事を理解してくれない、社会がわるい。私は可哀想。みたいな発想になっちゃうんです。

それで、自分の体が悪くなったことや、思い通りにならないことを、周囲に怒りをぶちまけてる人いるよね。

どうしたらいいのか?

自分が、この人間の世界で生きていくことって大変です。

それに親が年とってたら親の面倒をみることも大変です。

または、ちいさいお子さんがいたら、子供の面倒をみることも大変です。

いろいろ生きていく大変ですよね^^。

でも、そういうのも、こみこみで、僕達は、サバンナのレイヨウかインパラのごとく、冷静にならなきゃ、食われてしまう弱い生き物です。

生き残るにはどうしたらいい?・・。
生き残るにはどうしたらいい?・・。
生き残るにはどうしたらいい?・・。

って、毎日、毎日、冷静になって考えて、考えて、生きていかなきゃいけないんですよね。

ほんと、頼れるのって、それぞれの自分の頭脳だけなんですよねー。

頭脳をつかってサバイバル能力を高めていくしかないんだなー、って、思います。

そういうのに、共感してもらえたら、嬉しいです。

ぼくのメルマガは生き残るための豆知識です。

足がいたくなったら、メルマガの情報を吸収して、自分で足を治してください。

野に咲く薬草みたいなもんです。足が動かないインパラは食べられてゲームオーバーになっちゃいますので

『自分で、この危ないサバンナを生きていくんだ。』って、いい意味で、小動物のように、ハングリーに危険にたいしてびくびくして生きていきたいですよね。

それが結果てきに、最小のストレスで楽しく人生をいきるために、必要なサバイバルスキルかなー。って思います。

僕のメルマガの読者さんは、頭が良いし、頭も柔らかいと思うので、理解してもらえると思うんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 小西博美 より:

    ”自分が、生きていくこと。親の面倒をみること、子供の面倒をみること、いろいろ大変だと思います。”
    本当にそう思います。が
    親は自立していて、子供に面倒掛けることがあまりなく他界しました。
    子供達3人とも勝手に行きて、親に面倒を掛ける事はなく、自立しています。
    現在、夫と二人三脚で楽しく、サバイバル生活を過ごしています。
    私は先生の体操に出会えて、体調(股関節)も良くなり、毎日が楽しいです。
    体操はサボりがちですが、頑張り過ぎず、運動のつもりで雪掻きに励んでいます。