7月後半に痛みが薄れてまいりました。

1月も5日間たってしまいましたねー。もうお仕事を始めてるんじゃないかとおもいます。

このブログは、メルマガの肝心なところだけを、以前のブログから移し替えてきました。

次の記事を読む。ってところをクリックして読み進めていただけますと

7日間体操と、基本的な考え方が、もういちど読めるようになっています。ぜひ、ぜひ、復習して、体を直してくださいね~。

それじゃ、メルマガのいただいたメールの続きをご紹介します。
↓↓↓


明けましておめでとうございます。昨年一年お世話になりました。

おかげさまで腰痛もいつの間にかなくなりなりました。

昨年一年を回顧すると、それほど、一生懸命、腰痛体操に取り組んだわけではありませんが、7月後半に痛みが薄れてまいりました。

その折に私は気づきました。

・一生懸命に頑張っても仕方がないこと。
・特別に考えても仕方のないこと。
・頑張ってはいけないこと。

・痛みなどに意識を向けずに、忘れて、ただ毎日生かされていることに感謝し、その日を精一杯生きること。

などに気づいたのでございます。

そうこうして売るうちに、特別な意識がなくなり、いつの間にか、痛みもなくなったのでした。

ただただ、”生かされていることに、感謝して生きること”の大切さを改めて実感いたしました。

藤田さんとの出会いは、私に気づきを与えてくれました。

沈思黙考、この一年どのように生きてきたのか反省し、来年一年をどの湯に生きるか思案して、もう今年になりなしたが、2017年は肩に力を入れずに、淡々と生きようと思っております。

本当に有難うございます。今年一年のご活躍をお祈りいたします。

私は、ただただ自分に正直に自分お心と身体を見つめて、感謝して生きてゆきたいと思います。

ありがとうございます。また時々メールを送らせていただきます。


メールありがとうございます。ほんとにそうだと思います。

最近、僕の書いてること、辛口だと感じる人もいるようですけど、べつに、そんな辛口じゃないと思うんだけどね。

わかってるひとは、わかってるんだけど、わからない人はいつになってもわからない。って感じるんだよね。

体を治すことって、なにか特別なことだと思ってる人、多すぎですよね。

そういうじゃないんですよね。

一生懸命やったから、はやく治るか?ってこともないし

頑張ってやったからすげー良くなるか?

ってのも、そうでもないですよね。それは、あなたも、感じてると思います。

ポイントとしては、普通に体をいたわることができるようになる。これが一番大事ですよね。

体って、誰でも間違いなく治ります。だから、カッカしないことですよね。

怒ってもダメ。かなしんでもダメ、あわててもダメですよ。

冷静に、落ち着いてやっていきましょう~~。

そして、感謝の気持ちもって、普段、よく動いてくれてる、体を観察するようにしましょう。

人間、完治させようと思ったら、ひとしく時間かかりますから。

1年スパンで考えて、完治する。元通りの体になるように計画立てていきましょう~。

もう、新しく生まれ変わる。人生を変えるくらいのつもりでやっていきましょう。

さて、そんな感じで、今日、メールくれた男性の方も書いているように、体を治すのは、気持ちの問題が大事です。

こちらの記事を読んでいただければ、今日のメールの男性のように、冷静に体と向き合っていけるようになるでしょう~
↓↓↓
「気負わない」「気合いれすぎない」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする