救急車で病院に運ばれ一週間入院→ゴルフできるほど回復

あけまして、おめでとうございます。藤田です。


あけましておめでとうございます。それと、一年間ありがとうございました 。

昨年一月、椎間板ヘルニアと、脊柱管狭窄症の悪化で救急車で病院に運ばれ、一週間入院しました。

腰の名医といわれる医者にも数ヶ所訪問しましたが、いずれも手術しかないとの結論でした。

そんな時たまたまネットで藤田先生の体操を観て、藁をもすがる思いで、七つの体操を始めました。

最初のうちは体操もできないくらいひどい痛みでしたが、一ヶ月で杖なしで歩けるようになり、三ヶ月には車の運転も再開できました。

一年経った今では、そろそろゴルフもやろうかと思うほど回復いたしました。

飽きっぽい私ですが、仕事でどんなに疲れても、七つの体操だけは継続してきました。

といっても、先生のアドバイス通り、あまり力を入れず、時には数分でやめることもありましたが、とにかくリラックスして、続けることだけを考えて一年間やり通しました。

今年も予防とためにも、体操は続けます。

お礼のためにも、DVDを買いたいのですが、私はあまり家でDVDを観ないので、ネット配信のような形だとありがたいです。

藤田先生の今年のますますの活躍を心より祈念いたします


メールありがとうございます。「お礼のためにも、DVDを買いたい」と言っていただきまして、ありがとうございます。

ネット配信形式も、やるやるっていいながら、全然やらないので、すっかり、やるやる詐欺になってしまっています。今年こそは、ネット配信形式の商品もチャレンジします。今年の目標にします。

さて、話はもどって、

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の悪化した。

救急車で病院に運ばれ、一週間入院しました。

腰の名医にも、いろいろ行ったけど、ダメだった。

これって、結構あるあるだと思うんですよね。他の人でもそういう人いると思います。

それで、「私の症状は重症なんですけど、こんな私でも症状軽くなりますか?」とか、自己憐憫いっぱいのメール送ってくる人もいます。

「私は特別」「私はかわいそう」「私の事は誰も治せない・・」みたいな悲劇のヒロインになっちゃってる人ですね。あなたの身の回りにもいるかもしれません。

基本的に、特別な人間なんていないわけです。

人類であるいじょう、基本的な構造つくりは一緒なわけですから、このやり方で治ってる人がいるわけですから、やれば治るわけです。

あとは、「私は・・」とか、そういう思考にとらわれないことですね。

この人の偉かったところは、藁をもつかむでもなんでも、チャレンジしたことでしょう。

「ホントかよ」って気持ちだったかもしれませんが、1日、3日、1週間とつづけていき、1ヶ月、3ヶ月、1年とつづけていったことですね。

完治することってこういう事だと、思います。

ぼくは、基本的に自分で完治したい。人生を変えたい、健康な体を取り戻したい。楽しい人生を送りたい。って思ってる人に向けてメルマガ配信してます。

ちょっとだけ、ブログ読んで、「私の症状これこれなんですけど、私にピッタリの教えてください」要するに特別扱いしてください。あとは、直接的な表現はちがいますけど「私かわいそうなんですけど、なぐさめてください」みたいな、心構えの人はどんどん脱落していきます。

でも、もし、あなたは、このメルマガを一生懸命読んで、自分の体と人生をコントロールしようとしているわけですから、あなたの体は、どんどん良くなることは間違いなしですね。

あとは、時間の問題。というわけです。

メルマガ読んで、リンクをクリックして、ここまで、読んだ人は、気合入ってる人だと思うんで、今年も、一緒にがんばっていきましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする