宇宙と地球は3軸でできている。

みんな、バランス体操は、「自分の腰とか体を痛いのを解決したい」って身近な悩みで購入していただいてると思います。

いきなり、壮大な話になってもうしわけないんですけど、人間の体ってなにを基準につくられていると思いますか?

なんで、こんなことを聞くのか?と言えば。

人間の体がわかれば、腰の痛みもわかるからです。どういうものさしで人間の体ができてるかわかれば簡単ですよ!。

宇宙は3軸でできている

宇宙って3軸でできています。前後で1軸、左右で1軸、自分の頭上と足もとの方向で1軸ですね。

幽霊の世界、魂の世界とか、天国があったら、その世界は何軸の世界かわかりませんが

とりあえず科学で実在している世界は全部、ぼくたちの世界は3軸でできています。

当然、地球上の地上も3軸でできています。

人間の体の動きを3軸で表現すると

前後で1軸、左右で1軸、地球には重力があるから自分の頭上と足もとの方向で重力方向に1軸ですね。合計で3軸です。

X,Y,Zを、どっちに割り振るかは、図を書く人によってちがいます。

Xを前後方向に表現するパターンが多いです。Yが前後方向になっている図もあります。

ようは進行方向は3方向なので、それが表現されていればいいのです。

藤田のページでは

Xを前後方向
Yを左右方向
Zを上下方向

で、あらわしていきます。

斜めの方向はXYZの度数の座標で表現する感じですね。それをすると面倒なので、藤田体操ではやりません。

おまけ。CTスキャンとかMRIとかで輪切りの画像を撮影するときも、3軸の画像にしますよね。

スマホの3軸方向

いまは、ほとんどみんながもってる、スマホにも向きを感知するセンサがついていますよね!

スマホの3軸方向への加速を加速度センサーでキャッチしています。傾きもジャイロセンサーでキャッチしています。


画像引用元

まとめ。

僕たち生物が生きている現実世界は、3軸でできている

ってことを覚えてください。

この記事は、3軸の直線加速をまなびました。つぎは3軸の角度加速。ロール、ピッチ、ヨーをまなびます。

次の記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする